Exemple

台風被害者の越冬支援開始!

2019年10月の令和元年台風19号によって、東日本では大規模な洪水、土砂災害等が発生しました。

JISPは、台風が通り過ぎて直後から被災地での初動調査を開始しました。
その結果を受けて、宮城県大郷町では、45戸の仮設住宅(大郷町総合運動場仮設団地)が建設され、11/29に住民への鍵渡しが行われたのにともない、「フラップ大郷21」内に設置されていた避難所は12/1をもって閉鎖されました。

仮設住民の方々が少しでも暖かく冬を過ごせるよう、本日は集会場をお借りして、ホットカーペットとカバーをセットで提供させていただきました。「家財を全て失ったので、本当に嬉しい」「寒さが心配だったので助かる」「カーペットの模様を選べて気持ちが明るくなった」など、嬉しい声を多数頂きました。また、特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム様を通じてアース製薬様から寄贈頂いたモンダミンも希望者の方々に提供させて頂き、大変喜ばれました。

本事業は、多くの個人や団体、企業からのご支援に支えられており、皆さまのご協力には感謝するばかりです。今後とも、ご支援・ご協力のほど宜しくお願い致します。

*この緊急支援事業は、特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム、Global Giving、Morrison Foerster、個人の寄付者の方々からのご支援により実施しています。

JISPの活動は寄付によって継続しております。世界で困っている方々に支援の話を広げるため、
みなさまからのご協力をお願い致します。


Facebook