Exemple

南スーダン難民の子どもの緊急支援 1

南スーダン難民の子どもの緊急支援をはじめました
[Emergency assistance for the refugee children from South Sudan in Kenya]

[English follows]

先週、ケニアのカクマにある「カロベエイ新居住地」において、南スーダン難民の子どもの緊急支援事業を立ち上げるためにケニアに渡航していた当団体のカントリーディレクターが帰国しました。JISPは、提携団体のイスラエイド・ケニアのスタッフと共に事業地の学校を訪問し、校長先生と意見交換を行いました。

特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームの助成により実施されるこの事業では、極度なストレスにさらされている難民の子どもに適切な心理社会的支援を提供することを目指します。

まずは第一ステップとして、「チャイルド・リソース・センター(CRC)」をカロベエイ新居住地に建設します。

次のステップとして、CRC近郊に住む難民のコミュニティから希望者を募り、子どもの心理社会的支援のための研修を行い、この研修の受講者から10名程度のファシリテーターを雇用します。これらのファシリテーターが、難民の子どもに心理社会的ケアを提供します。この事業は、難民コミュニティが自立的に子どもに安全・安心な環境を提供することができるよう支援する長期的な取り組みの第一歩となります。


Last week, JISP’s Country Director returned from Kenya, where we have launched an emergency assistance for South-Sudanese refugee children in the Kalobeyei Settlement in Kakuma. Ms. Yoshida visited the local school, and met with the school headmaster, together with our partner organization, IsraAID Kenya, who will be implementing the project jointly.

The project is funded by Japan Platform, and tackles lack of adequate psychosocial care for the refugee children who are under significant amount of stress.

Under the first phase of the program, a “Child Resource Center”(CRC) will be constructed in the Kalobeyei Settlement.

In the next stage, we will recruit trainees from the refugees residing near the CRC, implement child psychosocial care training sessions, and employ 10 trainees as facilitators. The local facilitators will then provide psychosocial care at the CRC for refugee children.This project is only the initial phase of our long-term initiative to support the refugees to establish a community-based mechanism to provide their children a safe environment.


カロベエイでの教育施設の不足により混雑する教室。
Overcrowded classroom in the Primary School due to lack of educational facilities in Kalobeyei .
カクマの難民キャンプでIsraAIDケニアが運営する同様の施設を訪問
Visit to a similar facility run by IsraAID Kenya in Kakuma Refugee Camp

Facebook