スタッフ・役員紹介



スタッフ


真由美さん写真
代表理事/カントリー・ディレクター
吉田真由美(MAYUMI YOSHIDA)
 総合商社でエネルギー分野の営業に10年間携わり、そこで仕事のし方について多くを学ばせていただきました。一方で、大学時代からきままに世界を旅行するのが好きで、厳しい境遇で生活するたくさんの人々と触れ合ってきた中で、地球がもつ富を世界により公平に分配できないものかという気持ちから、NGOに転職したいと考えるようになりました。2007年にコソボのIDPキャンプ支援にインターンとして参加したのを契機に転職を決意。その後日本のNGOに転職し、パレスチナや東北における支援を経験し、現在に至ります。2011年の東日本大震災では郷里の陸前高田市も甚大な被害を受けました。この大変な苦境を乗り越えてきた地域である東北を基点とし、世界を向いて行動できるような団体にJISPを育てるのが夢です。


%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%b3
カントリーディレクター・アシスタント
オレン・エイタン(EITAN OREN)
東京大学博士課程在学中に、人道支援に関わることになりました。ボランティアから始め、最終的にフルタイムとしてJISPで勤務しました。2年近くを代表として勤め、主に日本のプロジェクト管理をしていましたが、2015年のネパール地震後は、ネパールでの活動にも関わりました。この間、人道支援の世界や心理社会的支援、そして自分について、たくさん学び、素晴らしい同僚や心からの感謝を感じる人々にも出会いました。
現在は、主に寄付提供者へのレポートやJISPのソーシャルメディア運営を担当し、JISP代表アシスタントをしています。JISPでの継続的な勤務を楽しんでいます。なぜなら、心理社会的支援の側面に焦点を当てたコミュニティ支援を心の底から信じているからです。


%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%81%95%e3%82%93%e5%86%99%e7%9c%9f
総務担当
中橋サムエル(SAMUEL NAKAHASHI)
 大学時代から国際協力に関心を持ち、卒業後は、JICAの青年海外協力隊で 村落開発普及員としてウガンダへ派遣される。主に現地NGOで養蜂やネリカ米などの現金収益向上活動とプロポーザルライティングを通して社会的弱者の支援に携わる。2011年3月の東大震災以降は、米国のNGOを通してボランティアプログラムや家屋修繕プログラムの運営に関わる。現在は、JISPの総務・会計を担当しており、事務所から災害があった個人やコミュニティーに対して、メンタルヘルスケアの向上に関わる活動を補佐している。


asako
ユースリーダーシッププロジェクト・コーディネーター 
平井 朝子 (ASAKO HIRAI)
 大学院まで都市計画を専攻し、各地のまちづくりに関わる。不動産ディベロッパー勤務を経て、シェアオフィス立ち上げなどの新規事業に参加。また2011年頃から並行して続けてきた学習塾や絵画教室での小中学生の指導、認知症ケアホームでのボランティア活動などを通じて、心理ケアや教育福祉分野への関心を強める。2016年よりJISPメンバーとして参加、ユースリーダーシッププログラムのコーディネートを担当。


soru
ユースリーダーシッププロジェクト・コーディネーター
平塚奏流(SORU HIRATUKA)
 東日本大震災での経験を期に国際支援に興味を持ち、高校卒業後一年間インドへ留学して社会学や哲学を学びました。インド留学終了間際にネパール大地震が起き、なにか出来ることはないかと、ボランティアとしてネパールで仮設住宅を建設するプロジェクト参加しました。その後JISPのインターンとしてYouth Leadership Projectを担当させていただき、震災を経験したネパールと日本の高校生をつなげて共に復興を考えていく活動をしています。


14695504_10210291831963024_8168782235876329968_n
ネパール災害専門家教育プログラム
アソシエイト・ディレクター兼プログラム・コーディネーター
ビジェイ・ゲワリ博士(BIJAY GYAWALI, PhD)

日本の保健福祉国際大学を卒業した臨床心理学者です。また、アメリカのBeck Instituteで鬱病や不安神経症に特化した認知行動療法(CBT)のトレーニングを受けた心理療法士でもあります。

現在、主に日本とネパールでの活動に取り組むと共に、東北におけるコミュニティ支援プロジェクトや、熊本震災直後から心理社会的支援プログラムにも関わっています。


keiko

PRコーディネーター
福本敬子(FUKUMOTO KEIKO)
 大学卒業後は高校で教鞭をとり、学生との交流を通して教えるよりも人を支えたいと思うようになりました。それと同時に、大学時代からバックパックで外国を旅した経験から、異なる文化同士の交流に興味を持ち、2011年の東日本大震災より心のケアを目的とした復興支援に関わるようになったことがきっかけで、JISPに勤務することになりました。元ヒーリングジャパン・プロジェクトディレクター兼JICTER担当。


プログラム・コーディネーター
山崎和佳子(YAMAZAKI WAKAKO)



JISP理事詳細


代表理事:伊藤武彦(和光大学現代人間学部心理教育学科教授)
代表理事:吉田真由美(日本・イスラエイド・サポート・プログラム代表)
理事   :ゲリー・M・スミス(米国ニューヨーク州弁護士)
理事   :井上孝代(明治学院大学心理学部名誉教授)
理事   :ヨタム・ポリッツェー( イスラエイド 共同最高経営責任者)
理事   :小林智明(仙台市内児童館館長)
理事   :市居嗣之(博士(工学)、合同会社 グローバルリンク 代表)
監事   :仲田敏弘(有限責任監査法人会社トーマツ勤務)