Exemple

JICTER

日本国際トラウマ/緊急支援センター


Japan International Center for Trauma-care and Emergency Relief (JICTER)
国内外の被災地支援に向け、心理社会支援の専門的トレーニングを提供


東日本大震災をはじめとする国内の大規模災害の経験を通して、災害時の精神保健・心理社会的支援における課題や難しさを痛感する支援者の方々は少なくありません。緊急支援として提供される従来の専門家によるカウンセリングや心理療法に加え、中長期的に実践される地域全体のメンタルヘルスケアへのニーズが高まっています。

JISPの協力団体であり、国際的な人道支援を行うIsraAIDの拠点であるイスラエルは、その歴史的背景からトラウマケアの分野が広く発展しています。JICTERは、地域全体の中長期的メンタルヘルスケアに効果的とされる「表現セラピー」の専門家が多くボランティアとして所属するIsraAIDから派遣される経験豊かなセラピストや、国内で活躍するセラピストらによる音楽、アート、ダンス、テキストやドラマを用いた表現セラピーなどの専門家向けトレーニングをワークショップ形式で提供しています。


例えば以下のようなテーマでワークショップを行っています。

・多様な表現セラピーの基礎と応用
・支援グループのファシリテーション
・ストレスマネジメント・PTSD予防
・支援者のセルフケアや二次受傷の予防
・コミュニティと個人のレジリエンスの向上

*精神保健・心理社会的支援とは、「心理社会的ウェルビーイングを守り、より良い状態にし、または精神疾患を予防・治療することを目的として実施される各種のコミュニティ内外からの支援」を指しています(IASCガイドライン)


活動報告

Facebook