活動理念



私達JISPは、災害など困難な出来事を体験したコミュニティーと共に学び、

社会的弱者やジェンダーなどの観点に配慮しつつリカバリーと成長の出来る世界を目指します。

これからを生きていく人のために日本から、支援の輪を一歩づつ広げていきます。

JISPは、地域と海外がもつノウハウを統合・実施することで、

東北やその他国内外のコミュニティーの心理社会的リカバリーとトラウマ的体験後の成長をサポートします。

 


 

JISPは、アカウンタビリティの向上に勤めています。

これは、JANICの「アカウンタビリティ・セルフチェック2012」マークです。

JANICのアカウンタビリティ基準の4分野(組織運営・事業実施・会計・情報公開)について当団体が適切に自己審査したことを示しています。