Exemple

ヤジディー教徒【2/5】

【北イラクの現状は?】

[English Follows]

ヤジディー教徒について5回にわたって紹介するシリーズの第2回目です。

 JISP代表ディレクターは12,500名のヤジディー教徒国内避難民が駐在するバジェット・カンダラ・キャンプでニーズアセスメントを行いました。
最も基本的なニーズは満たされているとはいえ、避難民キャンプの人々は完全に支援から孤立状態です。
「避難民キャンプの生活は困難です。実際にキャンプが人里はるか離れたところにあるため、新しい靴や暖かい服などのような基本的なものを手に入れることができません。」
「昨年12月中旬に訪れたとき、裸足で走り回っているたくさんの子供たちを目にしました。そこは非常に寒く、私は完全防備していても震えていました。」と寒冷で厳しい冬を迎える陸前高田出身のJISP代表ディレクター吉田は話していました。
「避難民キャンプがどの人口集中地域からも遠くはなれているため、仕事を探すのは極端に難しく、多くの人たちは先が見えない状況でした。」と吉田は続けました。
ヤジディー教徒はマイノリティであり、政治力に欠け、経済的影響力もないため、限られた支援しか受けることができません。

JISPはバジェット・カンダラ・キャンプ避難民の暮らしを向上させるためのプログラムを開発中です。

(つづく)

What is the situation in North Iraq right now ? [2/5]

JISP Country Director has recently returned from a needs-assessment to Bajet Kandala, a camp for ID where 12,500 Yazidi people reside.

Although their very basic needs are cared for, people living in the camp are completely independent on aid.

“Life in the camp is difficult. Since the camp is practically in the middle of no-where, you can’t obtain basic things such as new shoes, or warm clothes.”

“When I visited there in mid-December, I saw many kids running around barefoot. it was extremely cold and I was shivering although I was properly dressed”, tells us Mayumi-san, whose hometown Rikuzen-takata in the Tohoku region brings to mind harsh winter and cold temperatures.

Because the camp is far from any population center, it is extremely difficult to find a job: the future is uncertain for many of the people, continues Mayumi.

The Yazidi are a small ethnic group, lacking political or economic influence.

That is why they receive very limited support.

….

JISP is currently developing a program to improve the livelihood of the residents of the Bajet Kandala camp.

[To be continued]

unspecified-3

Facebook